Home > フィギュア撮影 > [フィギュア撮影レビュー] グッドスマイルカンパニー ねんどろいど 魔法少女まどか☆マギカ 鹿目まどか

[フィギュア撮影レビュー] グッドスマイルカンパニー ねんどろいど 魔法少女まどか☆マギカ 鹿目まどか

gsc_nendoro_174_madoka_00.jpg

「グッドスマイルカンパニー ねんどろいど 魔法少女まどか☆マギカ 鹿目まどか」を撮影してみた。

今回はグッドスマイルカンパニーさんより発売されました「ねんどろいど 鹿目まどか」をレビューしてみたいと思います。
こちらの「ねんどろ まどか」は先月(8月)の発売でして、フィギュアのお届けから若干間が空きましたが、記念すべきねんどろ「魔法少女まどか☆マギカ」シリーズですし、今後発売されるキャラも揃え、シリーズ通してレビューしていきたいところです。

出来映えの方はといえば、そもそもねんどろ向きな?元絵ということあり、デフォルメされた感があまりなく違和感もありませんね。
とにかく可愛らしい。の一言 ^^;

付属品もアクションフィギュアですので、替えのお顔や武器の弓矢、そして・・・
腕に掴まる姿があまりにもラブリー過ぎる「キュゥべぇ」さんが付属という。ぐぬぬ ^^;

投稿日 2011年9月17日
メーカー グッドスマイルカンパニー
商品名 ねんどろいど 鹿目まどか
原作 魔法少女まどか☆マギカ
サイズ 高さ:約100mm
原型師 高野明史 (制作協力:ねんどろん
発売日 2011年8月

それでは、撮影画像になります。ドゾー

gsc_nendoro_174_madoka_01.jpg
gsc_nendoro_174_madoka_02.jpg
gsc_nendoro_174_madoka_03.jpg
gsc_nendoro_174_madoka_04.jpg
外箱&ブリスター。
外箱は高さ210mmくらいです。
gsc_nendoro_174_madoka_05.jpg
パーツの取説が付属。
gsc_nendoro_174_madoka_06.jpg
gsc_nendoro_174_madoka_07.jpg
gsc_nendoro_174_madoka_08.jpg
gsc_nendoro_174_madoka_09.jpg
gsc_nendoro_174_madoka_10.jpg
gsc_nendoro_174_madoka_11.jpg
gsc_nendoro_174_madoka_12.jpg
gsc_nendoro_174_madoka_13.jpg
まずは、キュゥべぇさんと一緒に顔の向きで八方向。
魔法少女姿のまどかは作中登場シーンが少なかったですが、こうして見事に魔法少女姿で可愛らしくねんどろ化。
gsc_nendoro_174_madoka_14.jpg
gsc_nendoro_174_madoka_15.jpg gsc_nendoro_174_madoka_16.jpg
お顔パーツは3種付属。
まずは、パッと明るい笑顔から。
gsc_nendoro_174_madoka_17.jpg
gsc_nendoro_174_madoka_18.jpg gsc_nendoro_174_madoka_19.jpg
お次は、凛々しくキリッ顔。
gsc_nendoro_174_madoka_20.jpg
gsc_nendoro_174_madoka_21.jpg gsc_nendoro_174_madoka_22.jpg
さらに、作中まどかがノートに描いていたアレ。
gsc_nendoro_174_madoka_27.jpg gsc_nendoro_174_madoka_28.jpg
リボンも二種付属。これもノートに描いてたやつかな?
gsc_nendoro_174_madoka_23.jpg gsc_nendoro_174_madoka_24.jpg
gsc_nendoro_174_madoka_25.jpg
キュゥべぇさんは尻尾がジョイントで接続されていて、わりと自由に可動可能。
※まどかの腕にぶら下げる時は、別のボディパーツに換装します。
gsc_nendoro_174_madoka_26.jpg
gsc_nendoro_174_madoka_32.jpg
という事で、今回一番やりたかったこれをやってみた。
キュゥべぇさんマジラブリーっす ^^;
gsc_nendoro_174_madoka_29.jpg
gsc_nendoro_174_madoka_30.jpg
gsc_nendoro_174_madoka_31.jpg
そして、キリッ顔で弓を持たせてに三連発。
gsc_nendoro_174_madoka_35.jpg
gsc_nendoro_174_madoka_33.jpg
そして毎度の表情のアップ撮りで〆・・・
gsc_nendoro_174_madoka_34.jpg
そして毎度の表情のアップ撮りで〆たいと思います。訳がわからないよ ^^;

今回の撮影について

今回、最後から2枚目とトップの写真は深度合成を行っていたりします。
以前「BEACH QUEENS 御坂 美琴」でも同合成を行いましたが、当時はPhotoshopがCS3でしたので、マスク処理の力技で合成処理をしたりしました。

PhotoshopはCS4あたりから、レイヤーの自動合成処理機能がかなり強化されていたと記憶していますが、現在ウチで使っているPhotoshopも気が付けばCS5となりました。
なので、今回はその辺の機能をちょっとばかし使ってみることにしました。

gsc_nendoro_174_madoka_37.jpg
gsc_nendoro_174_madoka_36.jpg

元になった画像は、こちらの2枚の画像です。
※まどかにピントが合っている[上]の画像と、キュゥべぇにピントが合っている[下]の画像です。
※撮影位置は固定で、ピント調整のみの違いのみです。

1、まず、この2枚の画像を同じドキュメント内にレイヤー配置します。

gsc_nendoro_174_madoka_38.jpg

2、次にレイヤーを選択した状態で、メニューの[編集]→[レイヤーの自動整列]を行います。
※この作業は、2枚の絵柄の微妙なズレを自動調整してくれます。

3、次にレイヤーを選択した状態で、メニューの[編集]→[レイヤーの自動合成]を行います。
※すると、こんな感じ↓にレイヤーマスクが自動的に生成されます。

gsc_nendoro_174_madoka_39.jpg

この2枚のレイヤーを別々に表示するとこんな感じ↓。※このマスク版が自動生成されます(コレは凄いw
それぞれピントが合っている部分を抜き出してるかんじですね。

gsc_nendoro_174_madoka_40a.jpg
gsc_nendoro_174_madoka_40b.jpg

結果このような↓、まどかとキュゥべぇにピントの合った画像になります。

gsc_nendoro_174_madoka_41.jpg

今回はこのような画像処理を行いましたが、こういったピントの合う深度の深い写真にしたい時には、引きで(離れて)撮って後から画像のトリミング処理をするのが簡単だったりします。^^;
以上、撮影雑記でした~。

関連記事

[フィギュア撮影レビュー] バンプレスト 一番くじ きゅんキャラわーるど 魔法少女まどか☆マギカ C賞きゅんキャラ マミ & G賞ちびきゅんキャラ マミ

[フィギュア撮影レビュー] wave とある魔術の禁書目録 御坂 美琴 (BEACH QUEENS)

コメント:5

canon 11-09-18 (日) 0:55

こんばんわです。
ねんどろいどまどか、かわいいですねー!
自分も、マミさんねんどろいどを予約したのですが、まだ来年なのでちょっと遠いですね。

CS5だと、自動合成簡単そうですね~!
自分もCS5を使っているのですが、どうもCS3に慣れてしまっているので、
なかなかCS5に慣れませんが、せっかくなのでなんとか慣れるしかないですね~

random walk 11-09-18 (日) 23:51

はじめまして。random walkと申します。以前より、ブログの方を読ませていただいてますが、今回初めてコメントさせていただきます。

まどかのねんどろいど、とっても可愛いですね。僕も、つい買ってしまいましたが、まだ開封していません。パーツの説明書がついているのには驚きました。はじめて、ねんどろを買ったときは説明書がほとんど何も書いていなくて困ったものでした。
さて、Photoshop CS5ですが、僕はElements8しか使ったことないので知りませんでしたが、こんなことが出来るんですね。Elementsでも自分で選択範囲を作って合成すれば出来るのかな?自動ではないですが。

wanta 11-09-19 (月) 1:29

>>canonさん どうもです~
>自分も、マミさんねんどろいどを予約したのですが、まだ来年なのでちょっと遠いですね。
ねんどろマミさんは、wantaもワクテカで正座してお届けを待っております。^^;
 
>自分もCS5を使っているのですが、どうもCS3に慣れてしまっているので、なかなかCS5に慣れませんが、せっかくなのでなんとか慣れるしかないですね~
wantaの場合Photoshopがバージョンアップしても、使う機能はあまり変わらないので、使い勝手は殆ど気にならなかったりします。
それよりも、「またお○施かよ!!コンチクショーwww」という、デジャヴのように毎度繰り返される恒例行事が激しく不満です。^^;
 
それと、一つPhotoshop CS3とCS5の大きな違いを上げると、動作レスポンスがかなり違います。
wantaのPCにはCS3とCS5が入っておりますが、明らかにCS5の方がキビキビ動作しているのを感じます。(64bit版OSだとメモリも多く使えますしね

wanta 11-09-19 (月) 1:45

>>random walk さん
始めましてです!!studiorzhobby管理人のwantaでございます。
 
>さて、Photoshop CS5ですが、僕はElements8しか使ったことないので知りませんでしたが、こんなことが出来るんですね。
>Elementsでも自分で選択範囲を作って合成すれば出来るのかな?自動ではないですが。
Elementsは殆ど遣ったことがないので確かな事は分かりませんが、「レイヤーが使えること」「マスク版が使えること」が可能であれば多分いけるんじゃないかと思います。(これが無くてもいけそうな気もしますが
パスや選択範囲を駆使して上手い具合にマスク版を作成できれば同じような事はできると思いますよ。
ウチで以前レビューしました「BEACH QUEENS 御坂 美琴」の時に同じような合成をしましたが、当時はCS3でしたので手作業の力技でやりました。^^;
 
それと、random walkさんのサイトの方を最新記事から初投稿記事まで一気に読ませていただきました。(NEX-5もいいな~ ^^;
誠に勝手ながらウチのリンク欄に追加させていただきました。今後よろしくどうぞです~

random walk 11-09-19 (月) 4:11

度々すみませんが、リンクして頂いてありがとうございます。僕のブログのほうにも勝手ながら、wantaさんのブログをリンクさせていただきました。

今後ともよろしくお願いします。

では。

コメントフォーム
Remember personal info

Home > フィギュア撮影 > [フィギュア撮影レビュー] グッドスマイルカンパニー ねんどろいど 魔法少女まどか☆マギカ 鹿目まどか

カレンダー
« 2017 年 5月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Twitter
カテゴリー
最近の投稿
リンク [ホビー]
リンク [情報-ホビー]
リンク [情報-ニュース]
リンク [メーカー]
アーカイブ
フィード
カウンター

Return to page top