Home > フィギュア撮影 > [フィギュア撮影レビュー] グッドスマイルカンパニー STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) 牧瀬 紅莉栖

[フィギュア撮影レビュー] グッドスマイルカンパニー STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) 牧瀬 紅莉栖

gsc_004_makisekurisu_00.jpg

「グッドスマイルカンパニー STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) 牧瀬 紅莉栖」を撮影してみた。

今回はグッドスマイルカンパニーさんより発売になりました「シュタインズ・ゲート 牧瀬 紅莉栖」をレビューしてみたいと思います。
グッスマからキレキレの出来映えで放たれた今回の1/8スケールフィギュア「牧瀬 紅莉栖」ですが、その出来映えはお顔を中心として全体的に「原作画・アニメ画両方のいいとこどり」といった感じの印象で、同作アニメから入った方にもかなり満足過ぎるクオリティかと思われます。

発売前に行われたフィギュア展示イベントなどで未彩色原型を見かけた当時、「これは手に入れないと後で後悔するぞ・・・、絶対後悔するわコレw」と、クリスティーナ単体だけでもワクテカしていたわけですが、なにやら製品版では旧ラジ館の交差階段台座が付属ということで、これはファンにとってはかなり嬉しい立体化ですね。(階段単体が思い出の品になりそうだ ^^;

決定版といえるフィギュア自体の出来に加え、劇中重要な役割を果たしたメタルウーパーや懐かしの階段台座が付属という面白いパッケージングで、今後のラボメンの製品化にも期待したいところです。(このシリーズは全員揃えたいな~ てか、お願いします ^^;

投稿日 2012年4月14日
メーカー グッドスマイルカンパニー
商品名 牧瀬 紅莉栖
原作 STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)
サイズ 1/8スケール(全高:約210mm)
原型師 徳永弘範
発売日 2012年3月

それでは、撮影画像になります。ドゾー

gsc_004_makisekurisu_01.jpg gsc_004_makisekurisu_02.jpg
gsc_004_makisekurisu_03.jpg gsc_004_makisekurisu_04.jpg
外箱&ブリスター。
外箱は内容物の階段台座分の高さがあり、高さ340mmくらいあります。
gsc_004_makisekurisu_05.jpg gsc_004_makisekurisu_06.jpg
gsc_004_makisekurisu_07.jpg gsc_004_makisekurisu_08.jpg
gsc_004_makisekurisu_09.jpg gsc_004_makisekurisu_10.jpg
gsc_004_makisekurisu_11.jpg gsc_004_makisekurisu_12.jpg
まずは、お顔の向きで八方向。※台座にちょこんと置いてあるのは付属のメタルウーパー
製品のクオリティはとにかく躍動感ある造形が素晴らしく、シュタゲの世界から飛び出てきたかのような出来映えです。
塗装の仕上げもとても綺麗で各所に施されたブラシによる陰影表現も相まって、より同作世界観を感じさせるモノになっています。
決定版ですな~
gsc_004_makisekurisu_13.jpg gsc_004_makisekurisu_14.jpg
gsc_004_makisekurisu_15.jpg gsc_004_makisekurisu_16.jpg
gsc_004_makisekurisu_17.jpg gsc_004_makisekurisu_18.jpg
同作メインヒロインでツンデレ娘。
そして「助手」「クリスティーナ」「変態天才少女」「@ちゃんねらークリス」「実験大好きっ娘」「ザ・ゾンビ」でもある。
だから、助手でもなければクリスティーry
gsc_004_makisekurisu_19.jpg
gsc_004_makisekurisu_20.jpg gsc_004_makisekurisu_21.jpg
このお顔の出来が決定的で、これ以上ないってくらいクリスティーナ。^^;
原作もアニメと並行してプレイしましたが、全体的な印象はやはりアニメ寄りな印象がしますね。
瞳の絵柄などはわりと原作寄りでしょうか、ホント「いいとこどり」といった感じ。(全く違和感を感じない
gsc_004_makisekurisu_22.jpg
gsc_004_makisekurisu_23.jpg
gsc_004_makisekurisu_24.jpg
ふんだんに噴かれたブラシのグラデーション仕上げが美しい赤髪。
流れるような造形で、正面からのアングルが素敵過ぎる。^^;
gsc_004_makisekurisu_25.jpg
gsc_004_makisekurisu_26.jpg
gsc_004_makisekurisu_27.jpg
gsc_004_makisekurisu_28.jpg
お馴染みのクリス衣装は、全体を印象付ける躍動感あるジャケットやネクタイの表現など隙のない出来映え。
こちらも、ふんだんにブラシが噴かれてリッチな仕上げですね。
gsc_004_makisekurisu_31.jpg gsc_004_makisekurisu_32.jpg
腕のバンド部や襟のラインなどの細部もしっかり塗り分けられていますね。
gsc_004_makisekurisu_29.jpg gsc_004_makisekurisu_30.jpg
クリスのショートパンツは、やや緑っぽいカーキー色。
バックルの☆マークもしっかり再現。(と書いといて、実は☆マークなど全く知らなかったわけですが ^^;
gsc_004_makisekurisu_33.jpg gsc_004_makisekurisu_34.jpg
黒ストブーツなおみ足。
gsc_004_makisekurisu_35.jpg gsc_004_makisekurisu_36.jpg
[左]ブーツの作り込みもすごく細かい造形です。^^;
[右]そして、先程から足元にチラチラ出てきた付属のメタルウーパーがこちら。
gsc_004_makisekurisu_37.jpg gsc_004_makisekurisu_38.jpg
シュタゲで欠かせないアイテムの携帯も別パーツにて付属。
持たせるとこんな感じ。
gsc_004_makisekurisu_41.jpg
台座は2種付属で、まずこちらがシュタゲタイトルがプリントされた円形台座。
色は真っ白ではなく、僅かにピンクがかったお色。
gsc_004_makisekurisu_39.jpg
gsc_004_makisekurisu_40.jpg
そしてコレ、今は無き旧ラジ館の交差階段台座!! 劇中でも何度も出てきたあの階段!!
これはファンには堪らないスペシャル台座w このフィギュアはこの台座で飾るのがデフォだね ^^;
gsc_004_makisekurisu_42.jpg
gsc_004_makisekurisu_43.jpg
ということで、載せてみた。
これは凄くイイ!! 始めからこれで撮ればよかった orz
gsc_004_makisekurisu_44.jpg
gsc_004_makisekurisu_45.jpg
gsc_004_makisekurisu_46.jpg
gsc_004_makisekurisu_47.jpg
そして、好き勝手に四連発。^^;
gsc_004_makisekurisu_48.jpg
gsc_004_makisekurisu_49.jpg
gsc_004_makisekurisu_50.jpg
そして毎度の表情のアップ撮りで〆たいと思います。(これは文句なしの出来映えでした ^^;
このクオリティでラボメン全員揃えたくて仕方ありません。めっちゃ揃えたいわ~

今回の撮影について

今回の撮影は普段と特に変わりありませんが、撮影後の現像時になんだかやたらと厄介だったのが「埃!!」
現像しながら「そういえば最近テキトーな掃除しかしてなかったな~、埃っぽいよな~」などとブツクサ言いながら作業を進めていました。

~厄介なホコリの図~
フィギュアの仕上げが綺麗だったから、ついブロアで吹き飛ばすの忘れちゃったわけで ^^;

gsc_004_makisekurisu_51.jpg

※こちらの画像は現像後のホコリ取り作業をする前の状態のモノになります。
[ホコリ 1]程度の小さめな埃は普段撮影していてよく付いてしまう感じのヤツで、この程度なら埃取り作業も楽で特に問題ありませんです。(スタンプでちょこっとやる程度です
しかし、[ホコリ 2]は問題ありです。これはブロアで飛ばすの忘れたまま撮影して付いてしまったヤツですが、このレベルになると「埃取り作業めっちゃメンドくさい!!」という状態になります。

基本埃取り作業はスタンプツールを使うのですが、[ホコリ 2]の状態になりますと、画を壊さずに丁寧に作業をしないといけませんので、しつこいようですが「めっちゃメンドくさいですw」
まぁ、この程度で作業自体はおおよそ1分程度ですが、ホント埃取りは「ちょんちょん」と一瞬で終わらせたいつまらない作業だったりします。

wantaの場合普段の撮影は日をまたぐことが多く、前日から撮影台に置きっぱなしなので、翌日撮影再開時にはブロアでしっかりシュッシュしてから撮影することになります。
今回はそれを怠ったかな~?なんて思いながら埃取りをしていました。(フィギュアは綺麗なのにね ^^;

ざっくり纏めますと、「マメに部屋の掃除しとけwww」ということになります。はいスイマセン ^^;
以上、撮影雑記でした~

関連記事

[イベント] ワンダーフェスティバル 2011[夏]

ラジオ会館に突き刺さった人工衛星(タイムマシン)が思っていたよりクオリティ高かったw

コメント:5

まことまてぃっく 12-04-15 (日) 0:49

助手の撮影お疲れ様でした~。
この助手いいですね、買ってなかったのでちょっと後悔・・・

ぼくも埃に悩まされてブロア消費量が半端ないのですがw 最近は手袋の繊維が出てきてるんじゃないかと疑ってます。
撮影がすべて終わって現像してる時に気がつくとぐったりしますよね^^;

wanta 12-04-15 (日) 1:11

まことまてぃっく さん どもです~
>撮影がすべて終わって現像してる時に気がつくとぐったりしますよね^^;
最近は綺麗なフィギュアが続いていたので、ちょっと油断してましたね。かなりぐったりきましたですハイw

どらやき 12-04-18 (水) 21:47

撮影お疲れ様でした!
フィギュアに埃は天敵ですよね・・・
自分も飾るときはケースに入っていないと気が済みません^^;

あと話は変わりますが、購入したフィギュアをずっと未開封のまま取っておくのは、
状態としてあまり良くないんですかねー??
いくつか未開封のままのものがあるので・・・・

wanta 12-04-19 (木) 20:19

どらやき さん どもです~
ウチはフィギュアを飾るスペースが限られているので、その時々飾りたいモノだけを飾っていたりしますので、未開封ではありませんが殆どが箱に入れっぱなしですね。
それと、幾つか未開封のモノもありますがあまり気にせずそのままですね。^^;

Fkun 19-02-24 (日) 21:29

Nice Photos & Tips.(=・ω・=)

コメントフォーム
Remember personal info

Home > フィギュア撮影 > [フィギュア撮影レビュー] グッドスマイルカンパニー STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) 牧瀬 紅莉栖

カレンダー
« 2019 年 11月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter
カテゴリー
最近の投稿
リンク [ホビー]
リンク [情報-ホビー]
リンク [情報-ニュース]
リンク [メーカー]
アーカイブ
フィード
カウンター

Return to page top