Home > フィギュア撮影 > [フィギュア撮影レビュー] ファット・カンパニー Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ [コミックver.]

[フィギュア撮影レビュー] ファット・カンパニー Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ [コミックver.]

phat_prismaillya_00.jpg

「ファット・カンパニー Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ [コミックver.]」を撮影してみた。

今回はファット・カンパニーさんより発売されました「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ [コミックver.]」をレビューしてみたいと思います。
2013年夏アニメとしてちょうど第1話が放送されました「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」ですが、原作は「Fate/stay night」のスピンアウト作品(漫画)となり、こちらの製品は「コミックver.」として原作絵から立体化された製品となるようです。

ちなみにwantaは原作を読んだ事はありませんでしたが、フィギュアとして見映えがよいのとアニメも始まるという事もあり、原作1・2巻と合わせての補給と相成りましての、アニメ第1話を視聴したわけですが・・・
こ、これはw ファットカンパニーのヤツを全力開封する時が来たようだ(ガタッ などと呟いたとか呟かなかったとか ^^;

そんなわけで、同作より爆誕魔法少女(イリヤスフィール・フォン・アインツベルン)の撮影レビューとなります。

投稿日 2013年7月15日
メーカー ファット・カンパニー
商品名 プリズマ☆イリヤ[コミックver.]
原作 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
サイズ 1/8スケール 全高:約190mm
原型製作 間崎祐介
発売日 2013年5月

それでは、撮影画像になります。ドゾー

phat_prismaillya_01.jpg
phat_prismaillya_02.jpg
phat_prismaillya_03.jpg
phat_prismaillya_04.jpg
外箱&ブリスター。
外箱は高さ260mmに奥行き140mm程度と、コンパクトなパッケージですね。
phat_prismaillya_05.jpg
phat_prismaillya_06.jpg
phat_prismaillya_07.jpg
phat_prismaillya_08.jpg
phat_prismaillya_09.jpg
phat_prismaillya_10.jpg
phat_prismaillya_11.jpg
phat_prismaillya_12.jpg
まずは、お顔の向きで八方向。
製品クオリティは造形・塗装共に申し分ない出来映えで、とても飾り映えしそうな一体です。
マット処理のグラデ塗装は、ふんわりとした可愛いらしい魔法少女姿を演出していますね。
phat_prismaillya_13.jpg
phat_prismaillya_14.jpg
phat_prismaillya_15.jpg phat_prismaillya_16.jpg
マスター登録完了!! 新生カレイドルビー プリズマ☆イリヤ 爆誕!!
ルビーさん曰く「魔法少女はローティーンがベストマッチ!」とのことで、素晴らしくあざと可愛らしい出来映えでキマってます。^^;
ちょうどアニメ1話が始まったところですが、このコミックver.と特別違和感は感じない印象ですね。
phat_prismaillya_17.jpg
phat_prismaillya_18.jpg phat_prismaillya_19.jpg
面相も素晴らしく可愛らしいイリヤスフィール・フォン・アインツベルン。
どの角度からも破綻の無い見事な可愛らしさ。
phat_prismaillya_20.jpg phat_prismaillya_21.jpg
魔法少女にツインテときたら羽リボンは欠かせませんね ^^;
phat_prismaillya_22.jpg
phat_prismaillya_23.jpg
そして背中の羽的なモノも欠かせないのです。
phat_prismaillya_24.jpg phat_prismaillya_25.jpg
phat_prismaillya_26.jpg phat_prismaillya_27.jpg
ふんわりとした桃色のグラデ塗装が美しい魔法少女衣装。
phat_prismaillya_28.jpg
このフィット感 ^^;
phat_prismaillya_37.jpg
桃色きゃわわw ^^;
phat_prismaillya_29.jpg phat_prismaillya_30.jpg
phat_prismaillya_31.jpg phat_prismaillya_32.jpg
お顔と並ぶ左手と、ステッキを握る右手のグローブは、ポーズ上目立つ所に位置しますので造形が細かいです。
正面からは目立たない裏側などはこんな感じ。
phat_prismaillya_33.jpg phat_prismaillya_34.jpg
phat_prismaillya_35.jpg phat_prismaillya_36.jpg
軽やかな羽根つきブーツなろりっこ脚。
phat_prismaillya_39.jpg
それと、忘れちゃいけないマジカルルビーちゃんはクリアパーツが使われるなど見映えよく再現。
レイジングハート的なモノとは一線を画するとてもゲスいヤツのようですw
phat_prismaillya_38.jpg
台座は魔方陣が描かれた丸型台座。
フィギュアと台座との接続部には金属棒が仕込まれ安定しています。
phat_prismaillya_40.jpg
phat_prismaillya_41.jpg
phat_prismaillya_42.jpg
phat_prismaillya_43.jpg
そして、好き勝手に四連発。^^;
phat_prismaillya_44.jpg
phat_prismaillya_45.jpg
phat_prismaillya_46.jpg
そして毎度の表情のアップ撮りで〆たいと思います。(魔法少女プリズマイリヤ 推参!! ^^;

今回の撮影について

ここ最近は「背景紙がなかなか決められない」という病に陥る事も少なく、撮影を始めるとわりと順調に作業が進む事が多かったりしました。
そんな背景紙が決めれられない病を今回久しぶりに再発。

背景の紙を決めるのはトライ・エラーを繰り返す感じとなりまして、最終的にはこの2枚に絞られたわけです。

phat_prismaillya_48.jpg phat_prismaillya_47.jpg

最終的にこの2枚なわけですが、撮影前にイメージしていたのは左の色味で「桜色」っぽいのを想定していましたが、淡い色味の被写体に淡い色味の背景の組み合わせはなかなかに撮影が難しくwantaは苦手としています。
こういったケースの場合は淡い色味の被写体には「濃い背景色」を選択するようにしていたりします。※「暗い色」ではなく「濃い色」ということです

こういった感じで並べるとわかりやすいですが、左の写真はフィギュアと背景が同化したような、ちょっとヌケのよくない印象になりました。(ライティングでもう少しなんとかなりそうな気もしますが ^^;
それに対し、右の写真は背景が濃くフィギュアが明るい為、背景とフィギュアが同化せず、左の写真よりもスッキリと見栄えのよい印象となります。

ちなみに左は「レザック」という紙で、右は「マーメイド」という紙なのですが、色以外に紙の表面の質により色の反射の仕方がだいぶ異なり、ウチで使用している主力紙のレザックとマーメイドを比べると、マーメイドの方が発色がよかったりします。
ですが、レザックのように紙に模様がない為、巧く照明をあてないとノッペリとした印象の背景になりがちだったりもします。

といった感じで、結果的には右の背景を選択したわけですが、最近は背景で悩む事が少なくなっていたのでホント久しぶりの発病でしたね。 ^^;
以上、撮影雑記でしたー。

関連記事

[フィギュア撮影レビュー] スカイチューブ THE KING OF FIGHTERS XIII 不知火舞 Red ver.

[フィギュア撮影レビュー] グッドスマイルカンパニー 魔法少女まどか☆マギカ 佐倉杏子

[フィギュア撮影レビュー] グッドスマイルカンパニー 魔法少女まどか☆マギカ アルティメットまどか

[フィギュア撮影レビュー] wave とある魔術の禁書目録 御坂 美琴 (BEACH QUEENS)

コメント:2

ネコラブ 13-10-05 (土) 19:54

わお!大して意識せずに見ていましたが、背景の壁紙とか考えてみれば大事な問題ですね。色々工夫していらっしゃったのですね。それを念頭において他写真も見るとなるほどと思います
基本はそのキャラ(フィギュア)のイメージカラーや同系色でまとめていらっしゃるのですね。あまり性質の違う色だとチカチカするし妙な対立感が出るから当然なのでしょうか

このプリズマイリヤは以前から気になっていたのですが、このページを見てそろそろ作品に手を出してみようかと思いました

ところで、フィギュアを漁っていると、知らない作品の魅かれる(魅力的な)キャラに出くわすことが多く、私はいまだ作品を知らないフィギュアに手を出すことはないのですが、wantaさんはどうなのでしょうか。「初めにフィギュアありき」という風に入ってから作品に向かうということはあるのでしょうか?

この世界は入ったばかりなのでまだまだ意識の変化が起こっていきそうです

wanta 13-10-07 (月) 0:31

ネコラブ さん
どもですー。写真の背景に関してはなるべくキャラのイメージに合うようなモノにしていますが、少し外した感じのものを選んだりすることもあり、結果よかったものもあったりしますね。
 
>「初めにフィギュアありき」という風に入ってから作品に向かうということはあるのでしょうか?
これはちょこちょこありましたね。最近は知らない作品をってのはあまりありませんが中途半端に見知ったモノを買う事はあったりしますね。
そこから改めて原作やアニメを観出したりすることもありますよ。(基本、金髪でツンツンしたキャラは大好物です ^^;

コメントフォーム
Remember personal info

Home > フィギュア撮影 > [フィギュア撮影レビュー] ファット・カンパニー Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ [コミックver.]

カレンダー
« 2017 年 5月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Twitter
カテゴリー
最近の投稿
リンク [ホビー]
リンク [情報-ホビー]
リンク [情報-ニュース]
リンク [メーカー]
アーカイブ
フィード
カウンター

Return to page top