Home > フィギュア撮影 > [フィギュア撮影レビュー] グッドスマイルカンパニー ソードアート・オンライン アスナ -血盟騎士団Ver.-

[フィギュア撮影レビュー] グッドスマイルカンパニー ソードアート・オンライン アスナ -血盟騎士団Ver.-

gsc_sao_asuna_00.jpg

「グッドスマイルカンパニー ソードアート・オンライン アスナ -血盟騎士団Ver.-」を撮影してみた。

今回はグッドスマイルカンパニーさんより、2014年7月に発売となりました「グッドスマイルカンパニー ソードアート・オンライン アスナ -血盟騎士団Ver.-」をレビューしてみたいと思います。
ソードアート・オンライン アインクラッド編より、血盟騎士団の騎士服姿でキレキレの出来栄にて製品化となりました本作ヒロイン&主人公のアスナ様。

数多のSAOフィギュアの中で、このグッスマの血盟騎士団アスナと、以前レビューしましたコトブキヤのリーファの2体は飛び抜けて見栄えがいい感じの出来栄えで仕上げクオリティも高く、かなりwantaお気に入りのSAO関連の製品だったりします。
ブキヤのリーファに関しては「まんま劇中から飛び出てきたかのよう」なテイストが素晴らしい出来栄えでしたが、この血盟騎士団アスナはアニメ絵と比較すると、お顔がちょっぴりオリジナルテイスト漂う仕上げのようですが、それと同時に感じる「僕らの脳内アスナは間違いなくコレだ!!感」が強烈で凄い。今年発売されたグッスマ製品の中でもwanta的トップクラスの出来栄えの製品といった認識ですね。

そんな一体も製品到着後、見事に積みフィギュアタワー化してしまいまして ^^; 夏のワンフェスのレポを纏めながら「あ~、グッスマのアスナ撮りたいわ~、アスナさん撮りたいよ~」などと、暫く撮影欲を抑えざるを得ませんでしたが、ここにきてようやくといった感じで溜まった撮影欲を一気に開放しましたので、よかったら続きをご覧くださいませです。^^;

投稿日 2014年10月10日
メーカー グッドスマイルカンパニー
商品名 アスナ -血盟騎士団Ver.-
原作 ソードアート・オンライン
サイズ 1/8スケール(全高:220mm)
原型製作 横田健・kiking
発売日 2014年7月

それでは、撮影画像になります。ドゾー
 

gsc_sao_asuna_01.jpg
gsc_sao_asuna_02.jpg
gsc_sao_asuna_03.jpg
gsc_sao_asuna_04.jpg
外箱&ブリスター。
外箱は高さ270mm程度となり、お店からお持ち帰りするにはやや大きめなサイズ。
gsc_sao_asuna_05.jpg
gsc_sao_asuna_06.jpg
gsc_sao_asuna_07.jpg
gsc_sao_asuna_08.jpg
gsc_sao_asuna_09.jpg
gsc_sao_asuna_10.jpg
gsc_sao_asuna_11.jpg
gsc_sao_asuna_12.jpg
まずは、お顔の向きで八方向。
全体の原型ポーズ&バランス、お顔のテイスト、髪造型、騎士団服造型などなど、1/8スケールに圧倒的な情報量。
これは文句なしのキレキレ過ぎる決定版。(ポーズ元絵は原作小説1巻の表紙絵かな
gsc_sao_asuna_13.jpg
gsc_sao_asuna_14.jpg
gsc_sao_asuna_15.jpg
gsc_sao_asuna_16.jpg
gsc_sao_asuna_17.jpg gsc_sao_asuna_18.jpg
アスナといえばやはりコレ! 血盟騎士団 副団長 閃光のアスナ。
フェアリィ・ダンス編のティターニアもいいですけど、やはり赤・白基調の騎士団ユニフォーム姿が最もカッコいいし見栄えします。
gsc_sao_asuna_19.jpg
gsc_sao_asuna_20.jpg gsc_sao_asuna_21.jpg
お顔はアングル次第で表情が何パターンかに変化する印象ですね。
やや上方向からのアングルですと「キッとした目線の表情」、正面・ややアオリですと「やや柔らかい表情」といった感じ。
wantaの脳内アスナここに具現化!! キター ^^
gsc_sao_asuna_22.jpg
gsc_sao_asuna_25.jpg
gsc_sao_asuna_24.jpg
gsc_sao_asuna_23.jpg
見所の多い製品ですが、特に髪造型の美しさは塗装クオリティも相まって素晴らしい後姿なのです。
gsc_sao_asuna_26.jpg gsc_sao_asuna_27.jpg
騎士団ユニフォーム胸部は硬質感を演出する光沢仕上げで、その他はマットな仕上げ。
gsc_sao_asuna_28.jpg
gsc_sao_asuna_29.jpg
gsc_sao_asuna_30.jpg
髪造型の美しさに劣らずの腰から流れるように躍動するマントの質感が見事過ぎ。
造型&塗装が素晴らしいでは片付けられないくらいマント造型の厚み(薄さ)の質感が見事なのです。
gsc_sao_asuna_31.jpg gsc_sao_asuna_32.jpg
疾走感ある台座からのおみ足に短すぎるスカートからチラリと覗く桃色の布的な何か。^^
gsc_sao_asuna_33.jpg gsc_sao_asuna_34.jpg
それと、忘れちゃいけないアスナソード「ランベントライト」も緻密な造型&塗りですね。
gsc_sao_asuna_35.jpg
gsc_sao_asuna_36.jpg gsc_sao_asuna_37.jpg
腰に架かるアスナソードの鞘部もしっかりした塗り分け。
gsc_sao_asuna_38.jpg
台座は劇中の石床を模した円形台座。
石床模様は印刷ではなく凹凸のあるライン造型。(雰囲気あっていい感じ
gsc_sao_asuna_42.jpg
gsc_sao_asuna_40.jpg
gsc_sao_asuna_39.jpg
gsc_sao_asuna_41.jpg
そして、好き勝手に四連発。^^;
gsc_sao_asuna_43.jpg
gsc_sao_asuna_44.jpg
gsc_sao_asuna_45.jpg
そして毎度のお顔のアップ撮りで〆たいと思います。(お顔の写真栄えがホント素晴らしい
もうこれを超えるアスナはなかなか難しいんじゃないかしら?と思わずにはいられません。※リーファの時と同じコメントだ ^^;
以上、グッドスマイルカンパニー ソードアート・オンライン アスナ -血盟騎士団Ver.- でしたー。

今回の撮影について

今回も基本いつもどおりのセッティングで撮影を終える予定だったのですが、後半のイメージ的なカットの撮影を進めている際に気になりだしたのが「フィギュア側面のレフ版 黒でもいいんじゃね?」ということでした。
普段の感じだと、このアスナの場合は髪の内側が暗く成りがちなので、その辺りにも明かりを回すためにフィギュア側面のレフ版は基本白レフを使いたくなります。

gsc_sao_asuna_46.jpg

だがしかし、黒レフで撮ったカットもなんだかいい感じ・・・、なので後半のカットは白レフと黒レフを交互に差し替えて撮影してみました。
こちら↓比較画像的なモノ。
 

gsc_sao_asuna_48.jpg gsc_sao_asuna_47.jpg

左が白レフで狙い通りに、髪の内側にも明かりが回ってますね。※しかも左脇にも明かりが回りステキ脇を演出してるのだぜ!(やかましいw
そして、右が黒レフでやや陰のある感じですが、衣装にかかる陰影などコレはこれで雰囲気あっていい感じです。(正直どっちでもいい ^^;

ということで、後半はこのカットは黒レフの方がいい!このカットは白レフの方がいい!ってのを選別しながらアップしてますので、興味がありましたらその辺も楽しんで頂ければと思います。^^;
以上、撮影雑記でしたー。(久しぶりに雑記ネタとしては悪くなかったな ^^;

関連記事

[フィギュア撮影レビュー] コトブキヤ ソードアート・オンライン リーファ -Fairy Dance-

コメント:2

Jog-meltia 14-10-17 (金) 21:31

黒レフ板の方が、胸当ての陰影や衣装の回り込みがしまって見えますね。
パチンコ玉や水晶玉のような半鏡面体やクリア素材を撮影する場合は、
どういう光の当て方をすれば良いのか悩みそうですね。

wanta 14-10-19 (日) 12:52

Jog-meltia さん
 
>黒レフ板の方が、胸当ての陰影や衣装の回り込みがしまって見えますね。
そうなんですよね。写真全体のイメージはパッと明るい感じの方向ではないので、これはどちらを取るか悩ましいな~と ^^;
クリア素材系は反射が強いほど明かりや影以外に周りの物体も写りこんでしまうので難しい被写体のひとつですね~

コメントフォーム
Remember personal info

Home > フィギュア撮影 > [フィギュア撮影レビュー] グッドスマイルカンパニー ソードアート・オンライン アスナ -血盟騎士団Ver.-

カレンダー
« 2019 年 11月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter
カテゴリー
最近の投稿
リンク [ホビー]
リンク [情報-ホビー]
リンク [情報-ニュース]
リンク [メーカー]
アーカイブ
フィード
カウンター

Return to page top