Home > フィギュア撮影 > [フィギュア撮影レビュー] マックスファクトリー ニセコイ 桐崎千棘

[フィギュア撮影レビュー] マックスファクトリー ニセコイ 桐崎千棘

maxfactory_chitoge_00.jpg

「マックスファクトリー ニセコイ 桐崎千棘」を撮影してみた。

今回はマックスファクトリーさんより、2015年6月に発売となりました「ニセコイ 桐崎千棘」をレビューしてみたいと思います。
アニメ「ニセコイ」より製品化となりました「桐崎千棘」ですが、こちらの原型サンプル(無彩色)が始めて展示されたのが、確か2014年夏のワンフェスだったと記憶していますが、このサンプル初見の時から「この千棘の再現度ヤバイ!めっちゃ欲し過ぎる!色着いてなくても買いたいくらい!」といった感じで、その立体栄えに高まっていたわけですが、当時のワンフェス記事まとめにも、しっかり書いていたりしますね。(これはソフマップの予約券だっ!! ^^;

そんな待ちに待った待望のマックスファクトリー版の千棘が先日発売となりましたので、ワクテカで会社帰りに即お持ち帰りしてしまいました。^^;
千棘のフィギュアは他社さんからも幾つか製品化されていたりしますが、マックスファクトリーの1/7スケールフィギュアの製品クオリティはどの製品も飛び抜けて見栄えのいい製品ばかりですので、もうこれは決定版で間違いないんじゃないかしら?と勝手に期待していたわけですが、実際に手にした製品は期待通りの文句なしの出来栄えで、思わず2体買いしようかと企んでるくらいです。^^
 

投稿日 2015年7月04日
メーカー マックスファクトリー
商品名 桐崎千棘
原作 ニセコイ
サイズ 1/7スケール(全高:約230mm)
原型製作 FREX(コウヅキ)
発売日 2015年6月

それでは、撮影画像になります。ドゾー
 

maxfactory_chitoge_01.jpg maxfactory_choioge_02.jpg
maxfactory_chitoge_03.jpg maxfactory_chitoge_04.jpg
外箱&ブリスター。
1/7スケールフィギュアが収まる外箱は、高さが310mm程度と気持ち大きめ。(電車で持ち帰るのは楽勝サイズ ^^
maxfactory_chitoge_42.jpg
外箱側面には元となったイラストが印刷されていたりします。これはすばら可愛らしい
maxfactory_chitoge_05.jpg
maxfactory_chitoge_06.jpg
maxfactory_chitoge_08.jpg
maxfactory_chitoge_07.jpg
maxfactory_chitoge_09.jpg
maxfactory_chitoge_10.jpg
maxfactory_chitoge_11.jpg
maxfactory_chitoge_12.jpg
まずは、お顔の向きで八方向。
製品クオリティはマックスファクトリー1/7スケールフィギュアの素晴らクオリティですね。(なにそれ ^^;
原型はワンフェスで見た印象ままで、彩色済み製品版の仕上げもとても綺麗ですから全く文句なしです。
maxfactory_chitoge_13.jpg
maxfactory_chitoge_14.jpg
 
maxfactory_chitoge_15.jpg maxfactory_chitoge_16.jpg
「この作中から飛び出てきたかのような~」ってのは、記事中でよく書いたりするんですけれども、
ここまで、まんま飛び出てきてしまうというのも素晴らし過ぎて、未開封で保管用にもう一体欲しいくらい。
あ、あと他のキャラの立体化もお願いしたいところですね ^^
maxfactory_chitoge_17.jpg
maxfactory_chitoge_18.jpg maxfactory_chitoge_19.jpg
はい、素晴らしいお顔の再現度です。まんま千棘です。^^
見栄えのいいアングルは正面と左頬側といったところですが、wanta的お気に入りは断然正面アングルですね~。
maxfactory_chitoge_20.jpg
特徴的な腰まである金髪ロングの髪造型は、枝分かれした毛先までとてもシャープな仕上げです。
塗装はベースカラーから毛先に向かう桃色のグラデーションが入っていて元絵どおりの美しさです。
maxfactory_chitoge_21.jpg maxfactory_chitoge_22.jpg
トレードマークの赤いリボンは、ママから貰ったとても大切なモノです。
maxfactory_chitoge_23.jpg maxfactory_chitoge_24.jpg
1/7スケールですと気持ち大きめですので、こういった手の造型もしっかりしていてグッドです。
写真では分かり難いですが、ネイルには光沢処理が施されていたりします。
maxfactory_chitoge_25.jpg maxfactory_chitoge_26.jpg
maxfactory_chitoge_27.jpg maxfactory_chitoge_28.jpg
凡矢理高校の制服デザインが可愛らしく、立体栄えがよいです。(短過ぎ ^^;
maxfactory_chitoge_29.jpg
そして、この鉄壁さよ ^^
maxfactory_chitoge_30.jpg maxfactory_chitoge_31.jpg
スラっと、スタイルのいいおみ足。
maxfactory_chitoge_32.jpg maxfactory_chitoge_33.jpg
ローファーの塗装はベースカラーにシャドウに光沢処理など。
maxfactory_chitoge_34.jpg
台座中央に描かれているのは「楽のペンダント鍵」のシルエットですかね。
踵側の接続ダボが金属棒なのでシッカリ固定できます。
maxfactory_chitoge_35.jpg
maxfactory_chitoge_36.jpg
maxfactory_chitoge_38.jpg
maxfactory_chitoge_37.jpg
そして、好き勝手に四連発。これはいいっすね~ ^^
maxfactory_chitoge_39.jpg
maxfactory_chitoge_40.jpg
maxfactory_chitoge_41.jpg
そして毎度のお顔のアップ撮りで〆たいと思います。(これはマックスファクトリー最高じゃないですか~ ^^
以上、マックスファクトリー ニセコイ 桐崎千棘 でしたー。

今回の撮影について

今回の撮影は前回のエントリー記事で書きましたように、カメラのセンサークリーニングを自分でやってみて、その後一発目の撮影だったりします。
カメラ内部の重要パーツを意を決して自分で弄ってしまったわけでして、次の撮影大丈夫かしら?・・・と、一抹の不安を抱いてたわけですが、結果的にはいつもどおりの感じで現像作業も進められ、気になるところもありませんでしたので、まぁ、アレで大丈夫だったんですかね?状態なので、暫くは様子見。^^;
 

cleaning_03.jpg

実際センサーを拭き拭きして大丈夫だと、なにやら根拠の無い自信みたいなものが生まれてしまい、レンズとかいろいろ拭き拭きしたくなりますよねっ!
※あまり調子に乗っていろいろ気軽に弄ってしまうとロクなことにならない世界線が見え隠れもします。^^;
以上、撮影雑記でしたー。

関連記事

[フィギュア撮影レビュー] マックスファクトリー 艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 大和改 軽兵装Ver.

[イベント] ワンダーフェスティバル 2014[夏] フォトレポート[3]

[撮影環境・機材] Nikon D7100 ~イメージセンサー クリーニング~

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

Home > フィギュア撮影 > [フィギュア撮影レビュー] マックスファクトリー ニセコイ 桐崎千棘

カレンダー
« 2017 年 2月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
Twitter
カテゴリー
最近の投稿
リンク [ホビー]
リンク [情報-ホビー]
リンク [情報-ニュース]
リンク [メーカー]
アーカイブ
フィード
カウンター

Return to page top