Home > フィギュア撮影 > [フィギュア撮影レビュー] Max Factory けいおん! 秋山 澪

[フィギュア撮影レビュー] Max Factory けいおん! 秋山 澪

maxfactory_mio_00.jpg

「Max Factory けいおん! 秋山 澪」を撮影してみた。

今回の撮影レビューは、マックスファクトリーさんの「けいおん! 秋山 澪」をレビューしてみたいと思います。
マックスファクトリー版 けいおん!シリーズは昨年12月に発売された律に続き、とても楽しみにしていた1体でした。

この学園祭衣装の澪に関しては、他社さんからも既に発売がされており、ウチでも撮影レビューしました「アップラーク 学祭澪」「アルター 学祭澪」の2体があります。
それぞれ同じ設定での立体化だったりしますが、各メーカー(原型師)さん毎に違った魅力があるので、ついついポチッと予約してしまいます。^^;

アップラーク版、アルター版に比べるとスタイルが良い印象で、背丈がスッとしていて足がムッチ綺麗ですw
恥らう控えめなポーズなんですが、衣装のフワリとしたスカート部の造型なども相まって全体的に躍動感を感じられる良作フィギュアだな~と。^^;

投稿日 2011年2月19日
メーカー Max Factory
商品名 秋山 澪
原作 けいおん!
サイズ 1/7スケール(全高:約230mm)
原型師 なかやまん

それでは、撮影画像になります。ドゾー

maxfactory_mio_01.jpg maxfactory_mio_02.jpg
maxfactory_mio_03.jpg maxfactory_mio_04.jpg
外箱&ブリスター。外箱は高さ300mmくらいです。
7/1スケールなのでちょっと高め。
maxfactory_mio_05.jpg maxfactory_mio_06.jpg
maxfactory_mio_07.jpg maxfactory_mio_08.jpg
maxfactory_mio_09.jpg maxfactory_mio_10.jpg
maxfactory_mio_11.jpg maxfactory_mio_12.jpg
まずは、お顔の向きで八方向。
製品の出来は造型・塗装共にとても良く出来ています。
特に塗装は各所にグラデーションが施されており、雰囲気ある仕上がりになっています。
maxfactory_mio_13.jpg maxfactory_mio_14.jpg
maxfactory_mio_15.jpg maxfactory_mio_16.jpg
maxfactory_mio_17.jpg maxfactory_mio_18.jpg
このマックス版は背丈がスッとしなやかなで、とてもスタイルが良い印象の出来栄えです。
ただ、表情のアップ撮り大好き人間なwantaとしては、お顔が隠れたこのポーズがなんとも悩ましいところです。^^;
maxfactory_mio_19.jpg
maxfactory_mio_20.jpg maxfactory_mio_21.jpg
今回も可愛らしいゴスロリカチューシャ。
maxfactory_mio_22.jpg
maxfactory_mio_23.jpg maxfactory_mio_24.jpg
黒髪はフワッと躍動感の感じられる造型です。
アルター版の黒髪造型も良かったですけど、このマックス版もいい感じですね。
maxfactory_mio_25.jpg maxfactory_mio_26.jpg
maxfactory_mio_27.jpg maxfactory_mio_28.jpg
いつも、びっくりクオリティな楽器類です。
このエリザベスも凄い作り込みです。なんたる細かさ ^^;
maxfactory_mio_29.jpg
maxfactory_mio_30.jpg
maxfactory_mio_31.jpg
maxfactory_mio_32.jpg
衣装のスカートなどフワッと躍動感の感じられる造型ですね。
この画像だとちょっと分かり難いかもしれませんが、グラデーション塗装の仕上がりが綺麗です。
maxfactory_mio_33.jpg
そして、縞パン。^^;
maxfactory_mio_40.jpg maxfactory_mio_41.jpg
maxfactory_mio_42.jpg maxfactory_mio_43.jpg
素晴らしき黒ハイソックスなおみ足。ふ、太ももが ^^;
maxfactory_mio_34.jpg
今回激しく設置に手こずったベースのケーブルがこいつだったりします。^^;
材質は柔らかめな針金って感じです。
maxfactory_mio_35.jpg maxfactory_mio_36.jpg
片方をベース側に差し込みます。[左]
もう片方も台座に挿せるようになっています。[右]
maxfactory_mio_37.jpg
maxfactory_mio_38.jpg
結果的にこんな感じになりましたが、ここまでするのに軽く30分くらいかかったわ・・・。orz
とにかく針金がいうこと聞かないw(こういう作業は苦手である ^^;
maxfactory_mio_39.jpg
台座はブルーな澪カラー。
maxfactory_mio_44.jpg
maxfactory_mio_45.jpg
maxfactory_mio_46.jpg
maxfactory_mio_47.jpg
そして、好き勝手に四連発。^^;
maxfactory_mio_49.jpg
maxfactory_mio_50.jpg
maxfactory_mio_51.jpg
maxfactory_mio_52.jpg
そして毎度の表情のアップ撮りで〆たいと思います。恥らう表情がこれまたなんとも ^^;

-今回の撮影について-

さてさて、今回はマックスファクトリー版 学園祭澪をお送りしましたが、ホントに各原型師さん毎に随分と違う魅力ある立体化になるもんだな~と改めて感じました。
正直同じ設定のフィギュアが3体目ともなると「もうお腹いっぱいw」感は否めなかったのですが、このマックス版はサンプル画像を見て思わずポチッとしたくなった1体だったりしました。(結局お気に入りです ^^;

アルター版はとても可愛らしい方向の立体化な印象であったのに比べ、このマックス版はアニメの印象に近い感じで違和感がなく、wanta的には学祭澪の決定版ではなかろうかと思っています。
ただ、先にも書きましたが表情のアップ撮り大好き人間なwantaとしては、お顔が隠れたこのポーズが本当に悩ましいところでもあったりしました。(でも可愛いので全て無問題 ^^;

そして撮影の方ですが、この学祭澪に関しては舞台幕を意識した赤で3体とも同じ背景紙を使っています。
この赤の背景紙の時はどうにも照明の当て方が難しく、以前のレビューでもだいぶ暗めでコントラストもイマイチな画像の上がり具合だったりしました。

[フィギュア撮影レビュー] アルター けいおん! 秋山 澪 学園祭Ver.
[フィギュア撮影レビュー]アップラーク けいおん! 秋山澪

まぁ、この時はモニターの調整を目視で大雑把に調整していた時でもあったりしますが、撮影時に細かくライティングを変えたりするのをメンドクサがったりと、基本的なところがダメなんでしょうね。反省 ^^;
そんな事も感じていたので、今回は多少気を使って撮影→現像してみましたが、基本的なところは変わってないな~と思える上がり具合でした。(多少って ^^;

コメント:2

アルトマーレ 11-09-03 (土) 18:07

俺も同じやつ持ってます。かなり高かったのですがどうしても欲しかったので買ってしまいました。
アルターより値段が安いのに、クオリティはめちゃめちゃ高い。ベースもしっかりと弦が張られていたのでよかったです^^
正直、部屋にあるすべてのフィギュアの中で一番気に入っています^^

wanta 11-09-04 (日) 15:10

>アルトマーレ さん
このマックス版の方はキャラがよく出ているのが特徴的なのと、製品クオリティも高く文句なしの出来映えですね~。

コメントフォーム
Remember personal info

Home > フィギュア撮影 > [フィギュア撮影レビュー] Max Factory けいおん! 秋山 澪

カレンダー
« 2019 年 6月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
Twitter
カテゴリー
最近の投稿
リンク [ホビー]
リンク [情報-ホビー]
リンク [情報-ニュース]
リンク [メーカー]
アーカイブ
フィード
カウンター

Return to page top