Home > フィギュア撮影 > [フィギュア撮影レビュー] アルター オオカミさんと七人の仲間たち 大神 涼子

[フィギュア撮影レビュー] アルター オオカミさんと七人の仲間たち 大神 涼子

alter_okamiryoko_00.jpg

「アルター オオカミさんと七人の仲間たち 大神 涼子」を撮影してみた。

今回はアルターさんより発売されたオオカミさんと七人の仲間たち 大神 涼子をレビューしてみたいと思います。
「オオカミさんと七人の仲間たち」に登場するヒロインである大神 涼子ですが、その特徴は「攻撃的で男(オレ)口調」「凛々しいお顔(キッ」に「スレンダー体型(ここ重要w」そして「デレ」な一面もあるなど、wantaの大好きなタイプのキャラでもあったりします。^^;

このアルター大神さんの予約開始当時、サンプル画像を一目見て迷わず即予約を入れた一体でもあったりしました。
サンプル画像が凄く良い出来栄えでしたので、商品到着までワクテカで正座して待ってたくらいです。^^;

早速、到着したフィギュアを開け手に取りましたが、これは期待を裏切らない素晴らしい出来栄えです。
アニメの印象ママな雰囲気と、キツめな表情がたまりません。^^;

表情のアップ撮りを好むwantaとしては、これは撮影に気合が入るってもんです。
ただ、気を入れた時ほど画像の上がりがよろしくないという・・・。^^;

投稿日 2011年3月19日
メーカー アルター
商品名 大神 涼子
原作 オオカミさんと七人の仲間たち
サイズ 1/8スケール(全高:約195mm )
原型師 乙山 法純

それでは、撮影画像になります。ドゾー

alter_okamiryoko_01.jpg alter_okamiryoko_02.jpg
alter_okamiryoko_03.jpg alter_okamiryoko_04.jpg
外箱&ブリスター。
外箱は高さ240mmくらいです。
alter_okamiryoko_05.jpg alter_okamiryoko_06.jpg
alter_okamiryoko_07.jpg alter_okamiryoko_08.jpg
alter_okamiryoko_09.jpg alter_okamiryoko_10.jpg
alter_okamiryoko_11.jpg alter_okamiryoko_12.jpg
まずは、お顔の向きで八方向。
造型・塗装共に文句なしのアルタークオリティです。
alter_okamiryoko_15.jpg alter_okamiryoko_16.jpg
alter_okamiryoko_13.jpg alter_okamiryoko_14.jpg
alter_okamiryoko_17.jpg alter_okamiryoko_18.jpg
どの角度からも隙がない造型で、どこから見ても大神さんである。
ちょっと不機嫌そうですが、実はそうでもなかったりするのだろうか。^^;
長いスカーフや深いスリットの入ったスカートなど、制服の再現度も高いです。
alter_okamiryoko_33.jpg
可愛らしいところもあったりします。
alter_okamiryoko_19.jpg alter_okamiryoko_20.jpg
alter_okamiryoko_21.jpg alter_okamiryoko_22.jpg
特徴的な長い髪は造型もさることながら、グラデ塗装も施され綺麗な仕上がりです。
前髪もシャープで立体感があり、いい感じですね。
alter_okamiryoko_23.jpg alter_okamiryoko_24.jpg
凄くフラットな大神さんです。
重力にも負けない奇跡のなんちゃら~ ^^;
alter_okamiryoko_25.jpg alter_okamiryoko_26.jpg
alter_okamiryoko_27.jpg alter_okamiryoko_28.jpg
腰にぶら下げた「ねこねこナックル」や、鞄なども作りが細かいです。
alter_okamiryoko_29.jpg alter_okamiryoko_30.jpg
alter_okamiryoko_31.jpg alter_okamiryoko_32.jpg
豪快なスリットから覗くおみ足。
alter_okamiryoko_34.jpg
そして、白。
alter_okamiryoko_35.jpg
猫型で可愛らしい透明台座。
alter_okamiryoko_36.jpg
alter_okamiryoko_37.jpg
alter_okamiryoko_38.jpg
alter_okamiryoko_39.jpg
そして、好き勝手に四連発。^^;
alter_okamiryoko_40.jpg
alter_okamiryoko_41.jpg
alter_okamiryoko_42.jpg
そして毎度の表情のアップ撮りで〆たいと思います。(犬歯もちらっと見えますね
これは早くも2011年度お気に入りNo.1になりそうな予感がします。(まだ早いか ^^;

-今回の撮影について-

今回の撮影は、先日「撮影環境・機材」カテゴリで記事にもしました「PLフィルター」を使用して撮影してみました。
先日は比較撮りなど検証をメインに数カットをフィルターを使って撮影してみましたが、今回はレビュー用の撮影で始めから終わりまでフィルター付けっぱなしで挑んでみました。

始めから終わりまで通して使ってみると撮影枚数も多くなり、その過程でいろいろと分かる事もあって興味深いです。
PLフィルターを付けていると、フィギュアに当たっている光の反射具合を思っていた以上にコントロール出来るもんだな~、という印象を受けました。
フィルターをクルクル回して効果の効き具合(強弱)を変化させ、好きな所に合わせるプロセスが結構気に入りました。

それと、今回アルターさんの大神涼子を撮影レビューしましたが、この1体はかなり気に入っています。
まだ早すぎると思いますが、2011年度お気に入りNo.1になるかもしれません。(だから早いって ^^;

コメント:5

nichirou 11-03-21 (月) 2:26

いつもフィギュア撮影の参考にさせてもらってます。
wantaさんの写真は、いつもすっごいシャープで色もきれいに写っている印象を受けるのですが、
やっぱりライティングなんですかね?

自分は簡易スタジオを使っての撮影なので、
あまりライティングには凝っていない感じで撮影しており(上からスタンドライトを照らすくらい)、
なんか毎度くっきり感に欠けるなぁと悩んでいるところです。

ライティング関係で何か参考にしている本とかありますか?
もし、なにかお勧めの本があるならご教授いただければと思います。

wanta 11-03-21 (月) 16:58

>nichirou さん
始めまして!!コメントありがとうございます!!
 
お悩みの「くっきり感」ですが、wantaの場合はカメラで撮った後のPhotoshopでの「RAWデータの現像作業と調整」によるところも大きかったりします。
ライティングに関しては、「フィギュア撮影講座」さんのサイトがとても参考になると思います。(wantaも大変お世話になりました ^^;
こちら→ http://www.geocities.co.jp/Playtown-Darts/1960/ftop.html
お勧めの書籍は「デジカメフィギュア撮影術 ~今日からはじめるフィギュア撮影~」なる、まさにお題のとおりの書籍がありアマゾンでも在庫があるようです。(wantaは読んだ事がありませんがw おいっ ^^;
 
wantaの基本的なライティングは、フィギュアの上から「トップライト」、フィギュアの正面斜めからフィギュア全体を照らす「メインライト」、それと影を和らげる「白いレフ版」という考え方が今現在の基本だったりします。
こちらの記事中に、京アニ律ちゃんを照らしている写真がありますのでご覧頂くとどんな感じのセッティングかわかると思います。
こちら→ http://www.studiorzhobby.sakura.ne.jp/photo-tool/archives/620.html
撮影スタジオなどと言える環境とは程遠いですが、ライトボックスのRIFA2台がメインで頑張ってくれています。^^;
 
nichirouさんのサイトを拝見させて頂きましたが、撮影ブースに「ロアス 撮影ブース 大」を使用されていますので環境は悪くないと思います。
直接ライトを当てた場合よりも数段良いと思いますので、あとは照明の位置や距離をいろいろ調整してみるといいかと思います。
 
近くで照らすと明るいですが強い光になります、離して照らすと広い範囲を軟らかく照らせますが暗くなる。みたいな ^^;
あと、二つある照明の電球が違う場合はホワイトバランスが整いませんので、同じ電球にすると良いかもしれません。(電球だけならお財布にも優しいですw
電球はこんなの使ってます→ http://www.studiorzhobby.sakura.ne.jp/photo-tool/archives/272.html
 
ちょっとダラダラ長文になってしまい申し訳。^^;
お題の「くっきり感」に関しては撮影時の「ライティング」と撮影後の「現像・調整作業」の合わせ業なので、ライティングの書籍と合わせて画像処理に関する情報もチェックされるといいかもしれません。
キーワードは「トーンカーブ」「コントラスト」「画像調整」「シャープネス」などで検索頂くと沢山出てくると思います。

この辺の撮影や現像・調整に関してなんですが、wantaも纏めて記事にしたいな~とも考えておりますので、時々遊びに来て頂ければと思います。(いつになるかわかりませんが ^^;
それと、勝手ながらnichirouさんのサイトをリンク登録させて頂きました。(今後よろしくどうぞです!!

スタージェス 11-03-21 (月) 18:51

こんばんは。アルターの涼子さん、いいですね。
個人的にフィギュアだとまず顔周りをチェックするんですが、顔の表情や、髪の丁寧な表現など、さすがアルターですね。

nichirouさんのご質問へのご返答、私も参考になりました。ありがとうございました。
普段、wantaさんの写真はきれいだな~と思っていたので、勉強になりました。

nichirou 11-03-21 (月) 23:36

>wantaさん
何気ない質問にここまで丁寧にご回答いただき、いたく感激しております。
その上リンクまでして頂きまして、本当にありがとうございます!!

ご指摘の通り、照明は部屋の蛍光灯とスタンドライトの白熱灯のミックスなので、
やっぱりホワイトバランスは安定しないですね。
その上、撮影は「ホワイトバランスオート」での撮影ですので、
フィギュアの向きや、レフ版の光の拾い方で色味がバラバラになってしまいます。

なので、最近はせめてもと思いホワイトバランスは色温度指定での撮影に切り替えました(ルイズから)。
少しはましになった気がしますがやっぱり照明の方も一緒にした方がいいですよね。

というわけで照明設備は今のどから手が出るほど欲しいのですが、
(こんなの狙ってます→http://item.rakuten.co.jp/light-grafica/c/0000000116/)
レンズも欲しいぃ~というジレンマに悩まされ続けています。
肝心の被写体の調達にもお金がかかるわけで、悩ましい限りですが・・・w

現像についてはカメラ現像に任せっぱなしです。
RAWについてはやってみたいと常々思っているのですが、なんとなく敷居の高さを感じてしまって・・・。
でも画質を求めていくならいつかは通らなければならない道。
すこし頑張って勉強してみます。

今日アキバ訪問をした際に、オーキッドシードのドワーフが破格で売っていたので調達。
先ほど初めてRAWでの撮影を終えました。
・・・とりあえず調整法からして手さぐり状態ですが、
今回のアドバイスを元にすこしでも理想のくっきり写真に近づけたらいいな~と思っています。

今後ともよろしくお願いいたします~。

wanta 11-03-23 (水) 1:54

>>スタージェス さん
どうもです~。
このアルター涼子さんは超お気に入りなので、ここ最近の余震で破壊されたらマジ泣きますよ。^^;
 
>>nichirou さん
>というわけで照明設備は今のどから手が出るほど欲しいのですが、
>(こんなの狙ってます→http://item.rakuten.co.jp/light-grafica/c/0000000116/)
おぉ、既にライトボックスも検討中なのですね。
しかも、2灯セットでスタンド&ブームもついている充実セットですね。(ブームが結構伸ばせるのが便利そう
 
>RAWについてはやってみたいと常々思っているのですが、なんとなく敷居の高さを感じてしまって・・・。
これは、確かに取っ付きにくいところだと思います。
現像ソフトなどには「明るさの調整」や「コントラストの調整」などの項目がいろいろありますので、
その辺を少しずつ触れていくことで、きっと理想のくっきり写真に近づけるかと思います。(wantaも日々修行の身ですが ^^;

コメントフォーム
Remember personal info

Home > フィギュア撮影 > [フィギュア撮影レビュー] アルター オオカミさんと七人の仲間たち 大神 涼子

カレンダー
« 2019 年 9月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Twitter
カテゴリー
最近の投稿
リンク [ホビー]
リンク [情報-ホビー]
リンク [情報-ニュース]
リンク [メーカー]
アーカイブ
フィード
カウンター

Return to page top