Home > 撮影環境・機材 > [撮影環境・機材] Nikon D7000 レビュー[1] ~試し撮り編~

[撮影環境・機材] Nikon D7000 レビュー[1] ~試し撮り編~

d7000_r1_00.jpg

今回は「撮影環境・機材」カテゴリーとしまして、先週お迎えしました新しいカメラ「Nikon D7000」の試し撮りとRAWデータの画質チェックなどを簡単ですが行ってみたいと思います。
D7000に搭載された新センサーから吐き出される14bit RAWデータがどれ程のモノなのか。ワクテカが止まらない ^^;

[ファーストインプレッション] とりあえずサラッとカメラを弄ってみました

結論から申しますと、あらゆる面でD90を上回る進化っぷりでした。
そりゃメーカーが「D90のワンランク上の位置づけの機種だよ~」と言って発売したくらいなので当然といえば当然なんでしょうけど、つい先日までD90を使っていた身としてはちょっとした感動すら覚えましたよ。(激しく今更感が否めないコメントなのがアレですが ^^;

カメラ操作のお作法に関しては同じニコン機ということで、メニューを含め殆ど一緒ですので特に迷うことも無く使い始められました。(まぁ、お店で散々弄っていたからね ^^;
そんなわけで、今後のレビュー撮影にはD7000を使っていくことになりますが、ぶっつけ本番というのもちょっと不安ですので、今回は普段のレビュー撮影環境にて試し撮りをしてみて、RAWデータの画質を確かめながら気づいたことなどを、つらつらっと書き綴っていきたいと思います。

投稿日 2012年5月16日
カメラ Nikon デジタル一眼レフカメラ D7000
使用レンズ[1] AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR (ズームレンズ)
使用レンズ[2] TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (マクロレンズ)

■サラッと弄っただけですが、特に気に入ったポイントなど
1.AF性能の向上。(フォーカスポイントがD90の11点から39点に増えたことや、3Dトラッキングの食い付きがいいです
2.ライブビュー時の全拡大域で画像に綺麗なスムージングが利いていて、容易に厳密なピント合わせができる。(D90は拡大するとちょっと荒くなる感じのライブビューだったのでこれは驚き
3.RAWデータ(14bit)の画質がかなり向上している。(ライトからシャドウまで階調豊かで、特にライト側の階調向上分は現像作業に余裕が出来て助かります
4.2カードスロット

他にも上げたらキリがありませんが、まぁ、全てにおいてD90のだいぶ上を行ってますな ^^;

動作確認を兼ね、取り急ぎ手持ちで撮ってみるの図

グレーのグラペに、照明(RIFA)2灯で試し撮り。
レンズは「AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR (ズームレンズ)」です。

d7000_r1_06.jpg
d7000_r1_07.jpg

[設定] 絞り:f6.3 シャッタースピード:1/40秒 ISO:100 測光モード:マルチパターン 焦点距離:50mm(35mm換算 75mm) にて撮影した画像を現像・調整しています。

まずは動作確認ついでに、ズームレンズを付けて手持ちで撮影した写真がこちらの2枚なのですが、この初っ端の撮影の時点でD7000から吐き出されるRAWデータのクオリティがD90のそれよりもかなり向上している事に気づきました。
特に1枚目のきゅんキャラ マミさんの黄色い塗装の頭などは照明で色飛びしやすい感じの色ですが、D90と比べかなり諧調豊かで粘りのあるハイライト(一番明るい部分)だったので、現像作業もわりと余裕(遊び)があり楽だったことに驚き。

この段階で、どの程度のRAWデータが生成されるのか大体分かりましたので、この続きは普段行っているレビュー撮影環境での試し撮りに移りたいと思います。

試し撮り[1] パーッと明るい感じの写真中心に

※ここからは普段のレビュー撮影と同環境にて撮影しています。※マクロレンズ、三脚使用 など
まずは全体的に明るいイメージの写真を撮影し、現像・調整してみました。

d7000_r1_01.jpg
d7000_r1_02.jpg
d7000_r1_03.jpg
久しぶりに引っ張り出した「ミスコン大河」が可愛過ぎた ^^;
d7000_r1_04.jpg
d7000_r1_05.jpg

結果的にはこんな感じの画像が出来上がりましたが、基本的に現像・調整作業の芸風的なモノは普段と変わりありませんので、見た感じのイメージは普段とそれ程印象の変わらない上がりかと思います。
ですが、先にも書きましたようにRAWデータの豊かな階調のおかげで、ここまで現像・調整して持ってくるまでの作業プロセスがとても楽になりました。(これは大きいです

今このD7000を使ったから分かった事ですが、D90のRAWデータのライト側はわりとシビアだったのかな~と。(そんな気がします

試し撮り[2] 色が濃く背景も暗い感じの写真中心に

お次はアディリシアさんで、対照的なイメージの写真を撮ってみました。

d7000_r1_09.jpg
d7000_r1_10.jpg
d7000_r1_11.jpg
とても貴重な製品化であり、そのクオリティも驚きの完成度。
Gift レンタルマギカ アディリシア・レン・メイザース さんです。^^;
d7000_r1_12.jpg
d7000_r1_13.jpg

シャドウ(色の濃い・暗い)側に関しては、D90の画質に特別不満などありませんでしたが、やはり新センサーから吐き出される画は・・・、とてもいいですねw
試し撮り[1]の時と一緒で、出来上がる画像はいつものそれと変わらない印象の上がりですが、それに至るまでの作業プロセスが楽で調整幅が広いので、わりと自由が利く感じです。

そして、こういった暗めのイメージの写真には、明るいイメージの写真に比べてノイズ量が多い為、後工程でノイズ処理が必要になりますが、やはりD90で処理していたノイズ量のそれとは明らかに違う印象です。(あれ?ノイズ処理いらないかも?と思ったくらいです
※基準感度がD90ではISO 200だったのに対して、D7000ではISO 100からになりましたので、気分的にもいいですね ^^;

んで、この写真でもやはり金髪の明るいハイライト部の諧調が豊かで際立ってよかった感じです。
総じてD7000のセールスポイントでもある、ダイナミックレンジの性能向上の謳い文句に違わぬ高性能&進化っぷりです。

[まとめ] もっと早くにお迎えしておくべきだったw

はい、もうそれしか出てきません。(Dメールを自分に送りたいのだが ^^;
もう何度も書きましたが、あらゆる面においてD90から確実に進化していますので、とっとと買い換えていればよかったです。

ちなみに、「だってカメラの見た目がD90とあまり変わらないし・・・」という素晴らしくくだらない理由が、買い換えなかった原因の1つだったと言う事は黙っておきたいと思います。(いやホントに ^^;

そんなわけでして、今回は試し撮りと現像テストを行い良好な結果に満足すると共に「フ、フルサイズの世界って・・・どんなん?」てのが気になって仕方がないことも実際のところだったりします。ハイ ^^;
以上、[撮影環境・機材] Nikon D7000 レビュー[1] ~試し撮り編~ でした~。

関連記事

[補給物資] Nikon D7000をお迎えしました

[雑記] 次のメインカメラを考える

[フィギュア撮影レビュー]Gift レンタルマギカ アディリシア・レン・メイザース

[フィギュア撮影]wave とらドラ!逢坂大河 ミスコンver.

コメント:2

あさひわ 12-05-17 (木) 19:22

おお! 撮影も現像もほとんど設定変えない私とちがって、やはりちゃんと手間をかける――というより「世話をしてる」だけに、最終出力の美しさが違いますね。D7000のダイナミックレンジの広さには私も散々助けられています。消えたと思ったディテールが生き残ってることたびたび。
フルサイズ機はレビューで使われているのは所有者でも少数派のようです。大阪のオフで聞いた話だと、被写界深度が浅すぎて絞りまくらないと解像してくれないとのこと、回折現象で解像感が落ちますから、それならAPS-Cのほうが良い、といった感じだったと思います。

wanta 12-05-17 (木) 22:27

あさひわ さん
ありがとうございますー。撮影後の現像&調整作業は一連の作業の中でも楽しみの一つなので、ついつい追い込んでいってしまいます。
ですが、その分無駄に時間が掛かってしまうのだけは何とかしたいところです。(でもD7000になってさらに面白くなってしまったわけで ^^;
 
>といった感じだったと思います。
おぉ、理屈では分かっていても実際に使われている方達の話となると説得力ありますね~。
今ウチもDX機でf10程度には絞って撮っていますので、仰るようにフルサイズだとさらに絞って被写界深度を稼ぎたくなりそうですね。(回折現象のお話に納得です
 
それにしても、D7000の進化っぷりには今更ですが驚きでした。(今日バッテリーも運よく確保できました ^^;

コメントフォーム
Remember personal info

Home > 撮影環境・機材 > [撮影環境・機材] Nikon D7000 レビュー[1] ~試し撮り編~

カレンダー
« 2019 年 7月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Twitter
カテゴリー
最近の投稿
リンク [ホビー]
リンク [情報-ホビー]
リンク [情報-ニュース]
リンク [メーカー]
アーカイブ
フィード
カウンター

Return to page top