Home > 撮影環境・機材 > [撮影環境・機材] ~レンズ編[3]~ Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

[撮影環境・機材] ~レンズ編[3]~ Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

nikon_micro60_00.jpg

今回は「撮影環境・機材」カテゴリーとしまして、新たに補給しましたニコン純正マクロレンズ「Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED」の動作確認を兼ねての試し撮りをしてみました。
※今回は記事にするほどの内容ではありませんが、wantaのチラ裏備忘録ということでよろしくどうぞです ^^;

イベント撮影などにも積極的に使っていきたいレンズです

このレンズは今まで使っていた「SIGMA MACRO 50mmF2.8 EX DG」との入れ換えで購入しました。
普段フィギュアレビュー用におこなっているような、三脚使用&マニュアルフォーカスでの撮影では、純正・非純正レンズで撮れる画質にそれほど大きな差を感じませんが、いざ手持ち&オートフォーカスなどを使用した撮影では、その「写り」以外の総合的な性能次第で、結果的に撮れる画が大きく変わってきたりします。

ホビーイベントなどでの展示物の撮影は、各ブース毎に様々な環境で撮影することになりますので、手っ取り早く失敗の少ない強力な手ブレ補正付きのズームレンズなどを使うのが無難なのかもしれませんが、やはり明るい単焦点マクロレンズのキレキレの写りは捨て難いです。
というわけで、純正ボディとの組み合わせで得られる最大性能(高速&正確なAFなど)を求めての、非純正レンズとの入れ換えとなりましたです。

投稿日 2012年6月15日
レンズ Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
使用カメラ Nikon デジタル一眼レフカメラ D7000

そんなわけで、手持ちで撮ってみるの図

撮影台に大河を乗せて手持ちで撮ってみる。
※写真はそれぞれ現像・リサイズしたもので、写真のトリミングはしていません。

nikon_micro60_01.jpg

[設定] 絞り:f4 シャッタースピード:1/125秒 ISO:200 測光モード:マルチパターン フラッシュ:なし
こちらは1段程度絞って撮影しましたが、これくらい離れていると被写界深度の狭さもあまり気になりませんね。
 

nikon_micro60_02.jpg

[設定] 絞り:f4 シャッタースピード:1/125秒 ISO:200 測光モード:マルチパターン フラッシュ:なし
こちらも設定は一緒で少し寄ってみましたが、このくらいの距離になるとマクロレンズらしい被写界深度の画になりますね。

カメラを縦位置で撮影してみる

※ここからは設定を少し変えてみたりの画像を数枚ほど。

nikon_micro60_04.jpg
[設定] 絞り:f4.5 シャッタースピード:1/125秒 ISO:250 測光モード:マルチパターン フラッシュ:なし
nikon_micro60_05.jpg
[設定] 絞り:f4.5 シャッタースピード:1/125秒 ISO:250 測光モード:マルチパターン フラッシュ:なし
nikon_micro60_03.jpg
[設定] 絞り:f5.6 シャッタースピード:1/60秒 ISO:200 測光モード:マルチパターン フラッシュ:なし

[まとめ] 期待どおりの総合性能です

といいますか、散々アキヨドで弄くり倒していましたのでw それ以上でも以下でもなく納得の高性能っぷりです。^^;
写りはマクロレンズらしく、ピントの合っている部分はキレのあるシャープな写りで、被写体に近づくと被写界深度の狭さでボケ味のある画が楽しめますね。

ちなみにこのレンズには手ブレ補正(VR)は備わっていませんが、マクロレンズの場合は手ブレ補正が備わっていたとしても被写体からの距離が一定範囲以内に近づくにつれ、補正自体利かなくなっていきます(とメーカーの仕様に注意書きがあります)ので、フィギュアなどの小さい被写体を撮る場合には自然とその範囲内になると思われますので、手ブレ補正機能の有無はあまり気にしなくていいのかもしれません。

なるべくシャッタースピードを稼ぎ、しっかり構えお顔をカメラに押し付け、パシャリ!といった感じで全く問題ありませんね。(f2.8と明るいレンズですしね
カメラのボディ内にブレ補正があるソニーやペンタは、そういった意味ではけっこういいのかしら? ^^;

以上、[撮影環境・機材] ~レンズ編[3]~ Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED でした~。

関連記事

[撮影環境・機材] ~レンズ編[2]~ フィギュア撮影におけるマクロレンズとズームレンズの違いを比べてみる

[撮影環境・機材]~レンズ編~ TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 & SIGMA MACRO 50mmF2.8 EX DG

コメント:4

Kan 12-06-16 (土) 14:02

はじめまして。Kanと申します。
私はNIKON D90をメインにLX5をサブとして写真を楽しんでいます。
先日マクロが欲しくなり悩んだ結果NIKON AF-S Micro NIKKOR 40mm 1:2.8Gを購入しました。
基本的に純正主義なので60mmと悩みましたが経済的な理由と35mm換算60mm相当の焦点で選びました。
写りに関しては期待通りでしたがマクロ的な効果を得ようとすると被写体との距離が近すぎて参っています。
やっぱり60mmにしておけば良かったと思う毎日です。
でも、このレンズを付けた状態でお散歩スナップは楽しいですよ。

wanta 12-06-16 (土) 22:55

Kan さん
はじめましてですー!
>私はNIKON D90をメインにLX5をサブとして写真を楽しんでいます。
おぉ、少し前のwantaと一緒ですね~、ニコンのデジ一とパナのコンパクトなサブ機の組み合わせはいいですよね。
 
>写りに関しては期待通りでしたがマクロ的な効果を得ようとすると被写体との距離が近すぎて参っています。
>やっぱり60mmにしておけば良かったと思う毎日です。
仰るように小さいものを大きく撮ろうとすると、かなり近づく感じになりますよね~。
40mm→60mmですと思ったほど距離が離れないかもしれませんので、実際にお店で105mmなんかも弄ってみるといいかもしれないですよ~。(めっちゃ高いですが ^^;
 
>でも、このレンズを付けた状態でお散歩スナップは楽しいですよ。
ですね。換算60mmでマクロレンズならではの画が撮れますから結構面白そうですね~

あさひわ@Asahiwa.jp 12-06-17 (日) 18:35

購入おめでとうございます! このレンズは魔性ですよ。便利さという意味で。

思えば私はこれがレンズ沼への第一歩でした……予言してもいいですが、wantaさんは2~3年以内に AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED (時期的にまたはその後継?) も手に入れていると思います。私の場合は9ヶ月でした。

wanta 12-06-17 (日) 23:49

あさひわ さん
どもですー。やはり「写真を撮る」ということを第一に考えると、結果的に純正に行き着きますね。(このマイクロ60mmはホント欲しかったレンズです ^^;
 
>思えば私はこれがレンズ沼への第一歩でした……予言してもいいですが、
おそらくその予言は現実のものになる気がしますねw
今回純正マイクロ60mmに買い換えた理由がレンズの総合的な性能を欲した為ですので、おそらく同じ理由で100mm前後も純正マイクロに換える日が来そうな気がします ^^;

コメントフォーム
Remember personal info

Home > 撮影環境・機材 > [撮影環境・機材] ~レンズ編[3]~ Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

カレンダー
« 2019 年 11月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter
カテゴリー
最近の投稿
リンク [ホビー]
リンク [情報-ホビー]
リンク [情報-ニュース]
リンク [メーカー]
アーカイブ
フィード
カウンター

Return to page top