Home > 撮影環境・機材 > [撮影環境・機材] Nikon D7100 レビュー[1] ~studiorzhobby的 2,400万画素の恩恵~

[撮影環境・機材] Nikon D7100 レビュー[1] ~studiorzhobby的 2,400万画素の恩恵~

d7100_r1_00.jpg

今回は「撮影環境・機材」カテゴリーとしまして、先日入れ換えました新しいカメラ「Nikon D7100」のレビュー記事[1]となります。
先日、東京ビッグサイトにて開催されました「トレジャーフェスタin有明9」にてD7100の試し撮りを兼ねイベント展示物の撮影をしてまいりましたので、「2,400万という大幅に高画素化されたセンサーから得られる恩恵がどれ程のモノなのか?」ということを中心に、実際に撮影した写真を交えつつwanta的幾つかのポイントをザックリ纏めてみたいと思います。

投稿日 2013年5月15日
カメラ Nikon デジタル一眼レフカメラ D7100
使用レンズ シグマ 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM (ズームレンズ)
スピードライト Nikon スピードライト SB-700 (マクロレンズ)
ストロボディフューザー LumiQuest LQ-103 ウルトラソフト (マクロレンズ)

フィギュア展示イベントでの撮影装備など

まずは、wantaがフィギュア展示イベントにて撮影する際の現在の基本装備がこちらとなります。

d7100_r1_01.jpg d7100_r1_02.jpg

基本的にはイベント会場での機動力を重視していまして、カメラ + ストロボ + ストロボディフューザーといった最低限の装備となります
そして、撮影は全てカメラ横位置にて撮影しています。

横位置で撮影する際の問題など

横位置撮影では縦位置よりも展示フィギュアを小さめにしか撮る事ができない。(ということに尽きます
ストロボブラケットにストロボ調光コードを利用してカメラを縦位置にしたほうが展示フィギュアを大きく撮影出来ベストなのですが、あの戦場(イベント会場)での装備増はなるべく避けたくもありまして ^^; 今のところwantaはカメラ横位置での撮影で済ませることにしていますので、その辺は割り切っていたりします。

d7100_r1_04.jpg

縦位置で撮った時のイメージとしてはこんな感じ。
 

d7100_r1_03.jpg

それに対して横位置で撮った時のイメージがこちらになります。
ご覧のようにカメラの縦横でここまで撮れる大きさに差があったりします。(当然なんですけどね ^^;
 

d7100_r1_05.jpg

ちなみに、縦位置撮影時のフォーカスエリア&フォーカスポイントはこんな感じ。
 

d7100_r1_06.jpg

そして、同じく横位置撮影時のフォーカスエリア&フォーカスポイントがこれ。
横位置ではさらにフォーカスエリアの天地の狭さとの闘いとなるわけです。ぐぬぬ ^^;

横位置撮影時でもフレーム(高さ)いっぱいに撮影したい

以前使用していたカメラ(D90・D7000)でも同様に横位置にて撮影しておりましたが、D90は1,200万画素、D7000は1,600万画素となり、キヤノン機などと比べるとやや控えめな画素数となりますので、横位置撮影時でも出来るだけ大きく撮影するためにシャッター半押しのフォーカスロックを使い構図を移動することでフレームいっぱいにフィギュアを収めることとなります。

d7100_r1_07.jpg

1、まずは、フィギュア全身がフレームいっぱいに入るような最終的な構図を決めます。
 

d7100_r1_08.jpg

2、その距離のまま一旦フィギュアのお顔をフォーカスエリア(センター)に移動し、シャッター半押しでフォーカスをロックします。
 

d7100_r1_09.jpg

3、そのままシャッター半押しのフォーカスロックの状態で(1)の構図まで戻してパシャリ。
といった感じのややメンドくさく安定感に欠ける手法をとることで、横位置撮影でもフレームいっぱいに大きく撮るようにしていたりしました。

高画素化を果たしたD7100

・[D90] 1,200万画素(横4,288×縦2848ピクセル)
・[D7000] 1,600万画素(横4,928×縦3,264ピクセル)
・[D7100] 2,400万画素(横6,000×縦4,000ピクセル

この↑ようにD90からD7100まで大幅に高画素化が果たされたわけですが、D7100の縦4,000はD90の横4,288に迫る画像サイズとなり、縦のサイズはD90から実に1,000ピクセルを越えるサイズアップが成されたこととなります。

d7100_r1_10.jpg

ざっくり言ってしまうと、「D90を縦にして2台並べた解像サイズ」なのです。
イコール、D7100での横位置撮影はD90の縦位置撮影と画像の高さサイズは同等程度であると考えていいと思います。

その恩恵など

ということもあり、↑で書いたような、フォーカスロックの構図移動でフレームいっぱいに撮影するという撮影手法を止めまして、フォーカスポイントにフィギュアのお顔を合わす安定したスタイルに切り替えました。
構図移動は移動時にピントを外す原因ともなり安定感に欠けるので、それ対策ということなのですが、なによりフレームいっぱいで撮影しなくても高画素のお陰で大きなサイズで撮影できるという恩恵こそが、それを成せた理由だったりもします。

d7100_r1_11.jpg

こちらの写真ですと、横位置で端のフォーカスエリアで合わせてもフィギュア自体で3,300ピクセルものサイズを利用できることになり、これはD7000の横位置撮影のフレーム最大(縦3,264ピクセル)に達するサイズとなり、以前必死になってD7000で構図移動して撮影していたサイズよりも大きかったりします。スゲー ^^;

※この事が、D7000を早々に手放してD7100に買い換えたwanta最大の理由だったりします。
なので、普段のレビュー撮影用というわけではなく、イベント撮影でのポテンシャルを重視した買い換えだったりします。(ちなみに普段のレビュー撮影用としてD7000は十二分以上の素晴らしい性能であることは疑いようがありません ^^;

それでは、トレフェスin有明9での試し撮りした結果などを

さぁ!見せてもらおうか、その2,400万パワーとやらを!

d7100_r1_03.jpg

グリフォンエンタープライズさんの新作展示、踊り子ver.の肉(星奈)ですね。
それでは、この写真を実サイズ(100%)にて表示してみたいと思います。
 

d7100_r1_12.jpg

横位置撮影でこの大きさw 2,400万パワーキター!!
実サイズだと撮影の甘さが目に付きますが、これを普段サイトでアップしているWeb用にリサイズ(縮小)してみたいと思います。
 

d7100_r1_13.jpg

こちらが普段ウチのサイトでアップしている縦900Pixel程度にリサイズした画像となります。
縮小率は約26%と、トリミング後のリサイズ耐性にもだいぶ余裕があり、実サイズ時の撮影の甘さも画質の調整を追い込むことでだいぶ誤魔化せているかと思います。(おい ^^;
 

d7100_r1_16.jpg

同じくグリフォンエンタープライズさんの新作展示より、悪の化身ver.の夜空ですね。
こちらはやや大きくバストアップでの撮影となりますが、同じくこの写真を実サイズにて表示してみたいと思います。
 

d7100_r1_14.jpg

再び2,400万パワーキター!!(もういいっつの ^^;
それでは、こちらもWeb用にリサイズ(縮小)してみたいと思います。
 

d7100_r1_15.jpg

こちらがリサイズ後の横幅900Pixel程度にリサイズした画像となります。(上部の余白を少々トリミング
こちらの縮小率は約16%にもなり、トリミング耐性あり過ぎて泣いたw (Web用なのでこのクオリティなら全く無問題で素晴らしいのです ^^;

[まとめ] DX(APS-C)機にこれ以上の進化の余地があるのかしら?と思ってしまうような完成度

ということで、今回は高画素化から得られるメリットについてつらつらと書き綴りましたが、レビュー内容としてはかなり限定的なお話になりまして申し訳でした。^^;
D7100は高画素化以外にも、AFセンサーモジュールが新開発となっていたり、画像処理エンジンも新しくEXPEED 3になっているなど、その他にもあらゆる面で高性能化を果たしており、現状のDX(APS-C)機としてはこれ以上望めない完成度となっているのは間違いないようです。

また、性能とは関係ありませんが筐体デザインや質感がやや洗練されてきたように見受けられます。
こういった要素はとても重要で、それだけで「撮るぞー!」というヤル気が起きたりするものです。(wanta的にはとても重要なのです ^^;

ちなみに、そんな高画素機が必要ならD800にしてしまえばいいんじゃないの?ということに関しましてはスルー推奨ということでお願いしたいと思います。(ほら、先立つ諭吉さんとかね ^^;
以上、[撮影環境・機材] Nikon D7100 レビュー[1] ~studiorzhobby的 2,400万画素の恩恵~ でした~。

おまけ

先日予約の始まったグリフォンエンタープライズのビリビリサンプルがなかなかの出来映えでした。

d7100_r1_17.jpg

グリフォンエンタープライズ とある科学の超電磁砲S 御坂美琴 (2013年6月発売予定)
このビリビリ、お顔の出来が凄くいいんじゃないでしょうか。

関連記事

[撮影環境・機材] Nikon D7000 レビュー[1] ~試し撮り編~

[撮影環境・機材] ~レンズ編[2]~ フィギュア撮影におけるマクロレンズとズームレンズの違いを比べてみる

[撮影環境・機材]~レンズ編~ TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 & SIGMA MACRO 50mmF2.8 EX DG

[撮影環境・機材] Panasonic LUMIX DMC-GX1 レビュー[1] ~入院編~

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

Home > 撮影環境・機材 > [撮影環境・機材] Nikon D7100 レビュー[1] ~studiorzhobby的 2,400万画素の恩恵~

カレンダー
« 2017 年 6月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
Twitter
カテゴリー
最近の投稿
リンク [ホビー]
リンク [情報-ホビー]
リンク [情報-ニュース]
リンク [メーカー]
アーカイブ
フィード
カウンター

Return to page top